ドローンを活用した海上警備

About UAS operation

UAV 海上  - ドローンのことならGYPSS(グリプス)

現在、海上の保安状況を把握するために、レーダー等で不審船等を捕捉後、ヘリコプターや航空機の運⽤が必要でした。
そのため、多額の運⽤コストが発⽣しており、パイロットの安全⾯においてもリスクを伴っていました。

UAS運用は、陸地にいながら最⼤120km先の現場の映像をリアルタイムで監視することができます。

結果、運⽤コストが節減され、より安全で迅速な確認が可能になります。

  • 昼夜の海上監視 Nighttime maritime surveillance
  • 不審船や海域の警備・監視 Security and surveillance of suspicious ships and sea areas
  • セドリの監視 Off-shore delivery monitoring
  • 海域の調査(地震時の津波の監視) Survey of sea area (tsunami during earthquake)
  • 水難救助 Water rescue

Maritime Security Operation
About UAS operation

海上警備・海上任務サポート
ドローンの運用について

UAV 海上警備  - ドローンのことならGYPSS(グリプス)

海上警備においても海域・領域監視に優れ、飛行スピードがおそく捕捉 しづらい上に長時間監視や偵察行動が行えます。

沿岸部分や島の陸上部分も映像監視により明確に確認することができます。
高画質光学ズームにより、船名や乗組員の動向等の確認ができ素早く明確で的確な情報が次の行動の意思決定をサポートします。

UAV 沿岸警備  - ドローンのことならGYPSS(グリプス)

高性能ペイロード(IRカメラ含む)やサブシステムにより、夜間監視にも 優れており昼夜問わず使用することができ、不審船・巡回船などをターゲット として発⾒から追跡まですることができます。